top of page
検索
  • 執筆者の写真切腹ピストルズ総隊長・飯田団紅/爆笑ウラ噺

第四話/5月21日(日)


午前中、小学校のプール掃除のあと、大工大、キャッツアイ☆メグたちと豪邸で箱の解体作業。鶏糞を監督の家に持って行ったらいなかった。どこいった?夕方、監督と瀧口(今回演出助手、切腹ピストルズ新入り百姓)が江戸部屋に現わる。今日一日、鹿沼~日光方面にロケハンに行ってたらしい。ヒルのいない滝を探していたのだ。撮影に挑む、きーくんを心配してるのだろう。そりゃそうよ、あたくしも昨日あのあと、家でゴム製のヘビのおもちゃに初めて声を上げて驚いた。ヘビとしてじゃない、でかいヒルだと思ったからだ。かなり敏感になっており、長い物が目に入ると腰紐すらヒルに見えた。それほどの昨日だったのだ。・・・を経て、今日現れた監督はにこやかに「完全防備で三ヶ所行ったが、ヒルは一切いなかった!」という。タッキーも草履履きで余裕の表情だ。「ほー!そりゃいい!」、監督は長椅子に座って煙草をくわえながら、「しかし昨日の滝が一番絵にはなるんだがなぁ・・・」、履物脱いでくつろぎはじめた。「いらっしゃーい、おつかれさま、つかれたでしょう?」、西方キャッツアイ☆メグが飲み物を運んできたが急に立ち止まった。「あれ?監督その足の赤いの、血?」、ドカーン!監督、履物と靴下を全力でぶん投げ我が庭で大暴れである。その足になんと再び、にじむ鮮血としっかりヒル!タラリタラリと止まらぬ血・・・二日連続受賞負傷である。ヒルは、吸血時血液を固まりにくくする分泌液を出すらしい。その成分を「ヒルジン」という。


♪想像してごらん、ヒルが血ぃ~吸ってるとこを

ヒルジン all the people~♪

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page