検索
  • IMAGINATION

豊田利晃最新作 クラウドファンディング 始めました。


豊田利晃最新作『破壊の日』

公開日:2020年7月24日(金)

上映館:渋谷ユーロスペース、他、全国ロードショー

企画・プロデューサー・監督・脚本:豊田利晃

企画・製作・配給:IMAGINATION https://www.imaginationtoyoda.com/


【クラウドファンディング内 冒頭文より】

2019年に祖父の形見であった拳銃の不法所持で逮捕、のちに不起訴となった豊田利晃がその返答として公開した「狼煙が呼ぶ[i1] 」は16分と言う短編作品でありながら日本初のミニシアター一般料金での全国一斉同時公開[i2] へと繋がっていきました。のろし一揆と称した日本列島舞台挨拶行脚は日本全国各地で話題となり、公開から約半年を経過した現在もメイキングドキュメンタリー作品「狼煙に呼ばれて」の上映など各地でイベントが続いています。釈放後に即企画、撮影に入り編集、公開をされた作品は多くの俳優、スタッフの賛同の声が集まったことで実現しました。人の想いが集まって一つの映画作品を産み出す奇跡は「狼煙が呼ぶ」を鑑賞した多くのお客様にも飛び火するように燃え拡がっていきました。 「狼煙を見た。俺に何が出来るのか考える」そんな声が日本各地の会場やSNSで次々にあがってきました。人の想いのうねりは拡大して前作を上[i3] 回る声が集まっていったのです。[i4] 次回作や続編を求める声は日々折り重なって、新しい奇跡に参加したいという声まで挙がっております。その想いの全てを叶えることがクラウドファンディングへの挑戦に繋がりました。これまで多くの映画作品のクラウドファンディングを手掛けてきたMotion-Galleryで[i5] 、しかも目標金額を映画ジャンル最高金額に設定しての挑戦となります。人の想いが結集してこその作品であるからこそ、あえて高いハードルを課しました。 未だ出演者も主題歌も、あらすじさえ発表出来ない作品です。むしろクラウドファンディングの最中に順次発表していくこととなります。 ただ一つはっきりと言えることは、あの狼煙を上げた 全ての人が「破壊の日」に繋がっているとわかる作品だという事です。


◆クラウドファンディング情報

クラウドファンディング期間: 2020年2月8日(土)10:00~6月5日(金)23:59

URL: https://motion-gallery.net/projects/HAKAInoHI

目標金額:3000万円/118日間 最低支援金額:3000円~

主なリターン:製作日誌、未発売「狼煙が呼ぶ」「狼煙に呼ばれて」DVD、エンドクレジット、劇場招待券、サイン入りシナリオ、本作品DVD他

クラウドファンディングプラットホーム: Motion-Gallery


0回の閲覧

©IMAGINATION

by toshiaki toyoda production